名古屋で動物病院や猫診療なら

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

松波動物病院が猫ちゃんの為にやっていること

待合室が犬猫で分かれている

ワンちゃんと猫ちゃんの待合室が分かれている為、ワンちゃんと顔を合わせる事がありません。
また猫ちゃんの待合室には、ケージを入れる棚、ケージに被せるバスタオルがありますので、知らない人や場所に緊張している子の視界を遮り、隠れる事が出来て安心です。

お昼の診察

平日のお昼の診察は予約制です。他の飼主様やワンちゃん猫ちゃんが少ない為、静かで、待ち時間も短いです。

第5診察室

猫待合室から一番近く、犬待合室の前を通りません。他の診察室とも少し離れていて、隣は猫ちゃんの入院室の為、比較的静かに診察が出来ます。

猫ちゃんの予防について

可愛い愛猫と過ごしていると癒され、いつまでも健康で長生きしてほしいものですよね。
しかし急に元気がなくなったり、クシャミをし始めたり、身体を痒がっていたりしたらそれは病気のサインかもしれません。
病気になる前にできること、飼い主とこれからも末永く過ごすためにできることとして予防はその第一歩です。
では予防として何ができるでしょうか。

ワクチン接種

ワクチン接種は、ウイルスから身体を守ってあげるためのものです。
ウイルスは日常生活のあらゆるところに潜んでおり、完全室内飼いだから安全というわけではありません。
猫同士の接触以外にも人の衣類や靴を介して家の中に入り、感染する可能性があります。特に子猫や老猫は体力もなく、感染してしまうと重症化することもあります。
ワクチンは病気を100%予防できるものではありませんが、接種により症状の軽減や命を落とすことを防ぐことができます。これからも大切な愛猫と元気に過ごせるように定期的なワクチン接種をしてあげましょう。
予防できる感染症の数に応じて、当院では3種混合ワクチンと5種混合ワクチンがあります。
最も一般的な3種混合ワクチンはコアワクチンと呼ばれるもので、年に1回の接種が推奨されていますが、飼育環境によりその猫にあったワクチン接種をおすすめしています。愛猫にはどのワクチンを接種すればいいのか、まずは獣医師に相談しましょう。

ノミ・マダニ予防

ノミ・マダニは非常に小さな生き物ですが、恐ろしい感染症を運びます。
ノミは公園、川原、空き地の草地などの高温多湿の環境に生息し、繁殖力も高く、室内でも環境が整えばあっという間に増えていきます。また多くの野良猫はノミに寄生されているので真冬でもノミは死なずに越冬し常に感染源となります。
マダニはあらゆる環境に適応でき、特に森林や草地を好み潜んでいます。
ノミもマダニも人や動物の熱や二酸化炭素を感知すると飛びつき吸血するため、同居のペット同士で移しあったり、人が持ち帰ってしまう可能性があり室内飼いでも安心できません。もし寄生されても”痒いだけでしょ”と思われがちですが、大きな病気に発展する場合があります。大きな病気とは愛猫はもちろん人にも危険な病原体に感染する場合があるため愛猫へのノミダニ対策は必須です。
近年ではSFTSというマダニが媒介する感染症で人が亡くなった例があります。
愛猫には痒みを引き起こし皮膚炎になることやグルーミング中に条虫の卵を宿るノミを食べてしまい条虫が猫の体に寄生したり、また多数のノミ・ダニの寄生により貧血を引き起こす可能性があります。こうした病気のリスクを減らすためにも年間を通しての予防をしましょう。

フィラリア症予防

フィラリア症はフィラリアの幼虫を吸血した蚊に刺されることによって感染する寄生虫疾患です。
犬の病気と思われていますが近年、猫でも報告されています。
猫は犬とは違って発症した場合は急激に症状が悪化してしまうことが多く、それまでは元気だったのに何の前触れもなく突然死することもあり非常に危険な病気です。
蚊に絶対に刺されないようにするのは難しいことです。完全に防ぐには確実な予防を続けることが大事です。
当院ではフィラリア症予防と一緒に上記に記載したノミ・マダニの駆除もすることのできるお薬をご用意しております。

適切な予防は愛猫の長寿に繋がります。予防できる病気で愛猫を失うことがないよう飼い主ができることからはじめていきましょう。

猫ちゃんの健康診断について

近年猫ちゃんの寿命は伸びてきておりますが、その分様々な病気が認められています。
特に腎臓疾患は猫ちゃんにおいて有名な病気として知られていますが、人間と同様に腫瘍疾患・心臓疾患も多く認められるようになりました。

そこで当院では猫ちゃんの健康診断について力を入れております!
早期発見・治療を行うことにより、完治をすることや、うまく健康状態を維持しながら管理をすることも可能です。そのためには特にシニア(6,7才以上)の子たちは定期的な検診を推奨しております。様々な、検診プランをご用意しておりますのでまずは病院スタッフにご相談ください。

春、秋の血液検査キャンペーン

毎年、春と秋に血液検査をお安く実施していただけるプランをご用意しております。
(春:4月5月 秋:10月11月)

  • 普段の約半額で検査を行うことが可能です。
  • 特に事前予約なしで行うことが可能です。
  • 検査当日は絶食が理想です。(絶食が難しい子も多いと思います。ご相談ください。)

ワクチン接種時の血液検査キャンペーン

ワクチン接種にこられた患者様において、血液検査をお安く実施していただけるプランをご用意しております。

  • 何度も病院に連れてくることが大変な猫ちゃんにおすすめです。
  • 内容については上記の春、秋のキャンペーンと同様になります。

【血液検査で何がわかる??】

  • 血液一般検査(CBC)
    白血球・赤血球・血小板の数を測定し、炎症・貧血・止血機能の評価を行います。
  • 生化学検査
    腎機能、肝機能、糖尿病、電解質等の評価を行います。
    (特に内臓器系のトラブルを判断します。)
  • 甲状腺検査(6才以上の子に特にお勧めです。)
    高齢の猫で多い甲状腺機能亢進症の評価を行います。
    (性格がきつくなった、痩せてきたなど)
  • ウィルスチェック
    猫白血病・猫エイズウィルスの感染の評価を行います。

猫ドック

人間ドックのように猫ちゃん用の総合的な健康診断プランをご用意しております。
血液検査、尿検査、糞便検査、レントゲン検査や、超音波検査などの検査を利用して総合的に診断を行っていきます。
この検診プランは、年齢や状態に合わせてオーダーメイドで検査を組み合わせて行うことができます。内容については獣医師と相談して決めていきましょう。

  • 事前の予約が必要です。
  • 半日お預かりして検査を行います。(ホテルご利用時も可能です。)
  • 当日は絶食でお越しください。(画像診断を行うため検査ができない場合があります。)

【検査でわかること】

  • 尿検査
    尿蛋白、潜血、比重等
  • 便検査
    細菌バランス、寄生虫の有無
  • レントゲン検査(胸部・腹部)
    胸部:心臓の大きさ、肺の状態(肺腫瘍、肺水腫、肺炎等)等
    腹部:各臓器の形・大きさ、腫瘍の有無、膀胱結石等
  • 超音波検査(胸部、腹部)
    胸部:心臓の動き、腫瘍の有無
    腹部:各臓器の大きさ・構造、腫瘍の有無
キャットホテル
キャットトリミング