名古屋の動物病院 猫のケアに関する情報

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

投薬方法

あなたの愛猫もあなたと同じように時には病気になります。獣医師から薬を処方されることもあるでしょう。投薬は、正しい方法を知っていれば、あなたにも愛猫にもあまり負担をかけることなく行えます。獣医師の指示には、必ず従うようにしてください。また、獣医師に指定された投与日数を守り、必ず所定の量を全部投与してください。

錠剤とカプセル

ステップ1

  • 片方の手の親指と人差し指で錠剤をはさみます。
  • もう一方の手で猫の頭頂部を持ち、親指と人差し指で頬骨をつかみます。

ステップ2

  • 猫の顔が仰向けになるよう、頭を後に傾けます。
  • そうすると、普通は自然に顎が開きます。開かない場合は、中指で下顎を少し押してください。
  • 錠剤を猫の口元に持ってきます。


ステップ3

  • 中指を小切歯の上に乗せておき、顎を開いた状態を保ちます。
  • 錠剤を、舌のなるべく奥の方へ置きます。
  • すぐに口を閉じます。


ステップ4

  • ノドをやさしくなでるか、鼻に息を吹きかけて、薬をのみ込ませます。
  • 噛まれないように、すばやく行ってください。

水薬とシロップ

ラベルを読んで正しい用量を確認します。指示があれば、ボトルをふってください。

飲ませる前に
• 薬を注射筒またはスポイトに入れます。

ステップ1
• 猫の頭頂部を持ち、親指と人差し指で頬骨をつかみます。もう一方の手に注射筒またはスポイトを持ちます。

ステップ2
• 注射筒またはスポイトを使って、歯と頬との隙間に薬をゆっくりと入れます。

投薬のコツ

  • 必ず、ラベルの指示をよく読んでください。
  • 食事と一緒に与えてよいのか、空腹時に投与するのか、獣医師に確認してください。
  • 猫をテーブルに乗せる時は、表面がすべらないテーブルを使ってください。
  • 投薬は落ち着いて行ってください。緊張していると、ペットがそれを察知して、投薬処置が難しくなります。
  • 終了後は、ペットを褒めてご褒美をあげましょう。

錠剤投薬器(ピルポッパー)

ご希望の場合は、猫の口内に指を入れないで済むように、錠剤投薬器を使うこともできます。錠剤投薬器は注射器に似たプラスチック製の筒で、錠剤を押し出す装置です。

  • 錠剤を装置の先端にセットします。
  • 注射器のように、人差し指と中指の間に投薬器を持ち、親指で内筒を押せるようにします。
  • 猫の顔が仰向けになるよう、頭を後に傾けます。そうすると、普通は自然に顎が開きます。開かない場合は、中指で下顎を少し押してください。
  • 投薬器を口の奥(舌の根元の方)に入れます。
  • 内筒を押し、錠剤を舌の上の、なるべく奥の方に出します。