名古屋の動物病院 猫のケアに関する情報

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼松波登記臣先生のブログ▼
松波登記臣先生のブログ
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

日常に潜む危険

ペットに安全な環境を整えましょう

親が我が子に安全な環境を整えるのと同じように飼い主も家の中をペットにとって安全な環境に整えなくてはなりません。犬や猫は乳幼児と同じように生まれつき好奇心が旺盛で、手や爪、口を使って身の回りをあちこち探索するのが大好きです。しかし、何が危険で何が危険でないかは、ペットにはわかりません。そのため、飼い主が安全な住まいを整える必要があります。ペットが末長く、幸せに、安全に過ごすにはどうしたらよいか、以下を参考にしてみてください。

家の内外の安全

  • 転落防止のために、窓には網戸をつけましょう。
  • ペットが幼いうちは、ベランダやテラスに出さないようにしましょう。
  • ユリ/ユリ科、ディフェンバキア属(ダムケイン)、フィロデンドロン属、ツタ(一部)、クリーピング・チャーリー、シュロガヤツリなど、室内観賞用の植物の中には、ペットが誤って食べると極めて有毒なものが多数あります。そうした植物は置かないようにするか、高い所にかごで吊るすなど、ペットが触れない 場所に置いてください。
  • 殺鼠剤は、極めて有毒で致死性もあり、猫が食べる危険性が高いので、絶対にペットが触れることのないようにしてください。
  • 子猫は、歯が生える時期には色々な物を噛みたがります。電気コードは、プラグを抜く、片付ける、カバーをするなどしましょう。
  • 火や室内暖房機をつけたまま、ペットを部屋に残して室外に出ないでください。
  • ペットにとってビニール袋は面白いおもちゃにもなりますが、窒息する危険性もあります。
  • ペットは、口に入れられるものは何でも口に入れてしまいます。小さく、とがっていて、簡単に飲み込めるような物を放置しないようにしてください。

駐車場での安全

  • 猫は、暖かいエンジンのそばで昼寝をするのが好きです。車を動かす前にはクラクションを鳴らし、車のそばや下に猫がいないか、確かめましょう。
  • ペットは、凍結防止剤やウィンドウォッシャー液の臭いや味が好きです。容器のふたはしっかりと閉め、こぼれた液はよくふき取っておきましょう。
  • ペンキ、石油などの危険な化学物質は、ペットが触れない 場所に保管してください。

台所、洗濯機まわり、浴室、トイレでの安全

  • ホットプレートやアイロンをオンにしたまま、ペットを部屋に残して室外に出ないでください。
  • 漂白剤やアンモニアなどの危険な家庭用化学品は、ペットが触れない場所に保管してください。
  • 洗濯機や乾燥機のふたは、開けっ放しにしないでください。ペットが中に入り、閉じ込められる危険性があります。
  • トイレのふたは閉めてください。小さいペットは、中に落ちて溺れる場合があります。
  • 薬、シャンプー、日焼け止めなどは 、ペットを死に至らしめる危険性があります。絶対にペットが触れることのないようにしてください。

庭での安全

  • ブルンフェルシア(ニオイバンマツリ)、ユリ、ツタ、キョウチクトウ、アザレア、キツネノテブクロ、アジサイ、アサガオ、イヌホウズキなどナス属の植物、シャクナゲ、イチイなど、庭の草木には、ペットにとって有毒なものが多数存在します。また、ペットのアレルギーの原因となる植物も多数あります。
  • オオヒキガエルは大変有毒です。オオヒキガエルの毒素は、ペットが、このカエルを口に入れた時などに分泌され、痙攣や心停止を起こす危険性があります。
  • カタツムリ駆除剤や各種薬剤をまいた後の庭や芝生には、ペットを近づけないようにしてください。
  • 園芸道具、駆除用の毒エサ、薬剤は、安全な状態で収納し、保管している物置には鍵をかけましょう。
  • 庭のプール、池などは、ペットが落ちて溺れる危険性がありますので、ふたをしましょう。
  • ペットをクモやヘビに近づけないようにしてください。

不慮の事故の予防

  • 猫のおもちゃとして使用されるもの(糸、ひも、ゴムバンド、アルミホイル)の中には、飲み込むと極めて危険なものもあります。
  • 猫は、暖かく、暗い場所で寝るのが好きです。たんす、トランク、戸棚はしっかりと閉め、猫が閉じ込められて窒息することのないようにしてください。
  • 猫の首にリボンを巻くと、とてもかわいらしく見えます。しかし、リボンを引っかけて首が絞まってしまう危険性もあります。

クリスマスの準備の際

  • ティンセルやアイシクル、電飾、ガラス製オーナメントなどのクリスマス飾りは、ペットの好奇心を大いに刺激することでしょう。しかし、かじったり、飲み込んだりすれば、命に関わることもあります。
  • ポインセチア、ヒイラギ、ヤドリギは、ペットには有毒です。