名古屋の動物病院 犬のケアに関する情報

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼松波登記臣先生のブログ▼
松波登記臣先生のブログ
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

耳のケア

清潔で無臭、薄いピンク色をして、耳垢がたまっていないのが健康な耳の状態です。
定期的に愛犬の耳をチェックしましょう。

耳の病気の兆候

  • 悪臭
  • 耳や頭をしきりにかく
  • 触ると嫌がる、痛がる
  • 頭をいつも決まった側に傾ける、振る
  • 黒色や黄色の耳垢
  • 耳介や耳道が赤い、腫れている
  • 元気がない、憂鬱そう、イライラしているなどの、態度の変化
  • 濃褐色の耳垢がたまっている
  • バランス力や聴力の低下、方向感覚を失う
  • 出血や、コーヒーかすのような耳垢
耳の構造
詳細図を見るにはここをクリックしてください。

耳の病気の原因

耳の垂れ下がっている犬種や耳介の内側に毛が多く生えている犬種などは、他の犬種に比べて耳の病気にかかりやすい傾向があります。アレルギーをもつ犬も同様です。

外耳の感染症である外耳炎、および中耳の感染症である中耳炎は、主に細菌、酵母によって引き起こされます。その他、耳垢、もつれ毛、耳道に詰まったごみ・異物も原因になります。治療はすぐに行いましょう。耳感染が起こると、犬には相当の不快感があります。細菌感染には抗生物質、酵母には抗真菌剤が使われます。耳の感染症は基礎疾患のアレルギーなど、他のトラブルの兆候である場合もあります。獣医師の診察を受け、どの薬でどのように対処するのが最善か、判断してもらいましょう。

耳ダニは感染力が強いので、ペットからペットへ伝染しやすいよく見られる寄生虫です。耳をしきりにかく、というのが最もよく見られる兆候です。耳ダニがいると、コーヒーかすのような、黒っぽい、ぼろぼろとした耳垢がでます。

耳血腫は、耳介に血液が蓄積したものです。正確な原因はいまだに不明のものが多いですが、感染症、ダニ、ノミ、耳垢などが原因で頭を激しく振ったり、耳を引っ掻いたり、外傷で血管が傷ついたりすることによってできることがあります。

難聴は、加齢、外傷、大きな音、感染症によって起こることが多いほか、遺伝性や先天性によるものもあります。いったん臨床的に難聴と診断された場合、完全な回復は難しいかもしれません。

予防

耳の洗浄液を適宜使用すると、愛犬の耳を健康に保つことができます。

犬の点耳薬や軟膏の投与法

  • 水または獣医師が勧める液体で湿らせたコットンを使って、外耳を丁寧にふきます。
  • 耳介をやさしく頭の上にひっぱり、耳道の開口部のできるだけ奥の方に薬を滴下します。
  • 耳をやさしくマッサージして、薬を耳道の奥へ広げます。耳の中に薬が十分に広がると、マッサージをしているうちに“ピシャピシャ”という音が聞こえてきます。


ご注意:薬の効果を得るために、必ず所定の量を全部投与してください。投薬は落ち着いて行ってください。緊張していると、ペットがそれを察知して、投薬処置が難しくなります。終了後はペットを褒めてご褒美をあげましょう。