名古屋の動物病院 犬のケアに関する情報

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

デンタルケア

犬を守るのはあなたです

深刻な感染症や、その他の病気に対する治療の進歩が著しい中、口腔疾患(特に、歯垢や歯石の蓄積によって起こる歯周炎、歯肉炎などの歯周病)は、犬の健康を脅かす最も多い問題となっています。デンタルケアを適切に行わないと、80%の犬が3歳までに口腔疾患の兆候を示すようになります。適切なケアを行って、愛犬が生涯を通じて健康な歯と歯ぐきを保てるようにしましょう。

ちょっとしたケアが大切です。

  • 栄養豊富な食事を与えましょう。愛犬に最適な手作り食のレシピについては、獣医師に相談してみてください。
  • 噛むおやつを与えましょう。
  • 毎日歯磨きをしましょう。
  • 動物病院で、歯の定期検診を毎年受けましょう。

歯の健康は、適切な食事から始まります

ペットに間違った食事を与えると、歯の病気の原因になります。ドライフードを与えると、歯の表面にわずかな摩擦が生じ、放っておくと硬い歯石を形成する細菌プラーク(歯垢)を除去するのに役立つこともあります。また、ドライフードによって咀嚼運動もでき、歯ぐきも刺激されます。甘い物や人間の食事の残り物も、歯垢や歯石を増やす原因になりますので、与えないようにしましょう。また、血統によっては遺伝的に歯の病気にかかりやすい場合がありますので、獣医師に歯垢や歯石の蓄積を抑える特別なドライフードを勧められることもあります。

ペットの歯磨き

歯磨きを行うことにより、虫歯や歯石形成の原因となる歯垢を除去し、愛犬の歯肉炎を防ぐことができます。子犬が生後6~8週のうちに、毎日歯磨きをする習慣をつけましょう。大人の犬にも、歯磨きの習慣を覚えさせることは可能です。歯磨きに少しずつ慣れさせて、歯磨きが楽しみになるように工夫しましょう。歯磨きをしている間は、安心させてたくさん褒めてあげ、歯磨きが終了したら、特別なご褒美をあげましょう。歯磨きの方法は以下のとおりです。

ステップ1

  • まず、牛肉の煮汁に指先をつけます。
  • その指で、犬の歯と歯ぐきを1~2本やさしくこすります。
  • 犬が慣れるまで、この動作を繰り返します。

ステップ2

  • 慣れてきたら、ガーゼで覆った指先でステップ1を行うようにし、円を描くように歯をやさしくこすります。


ステップ3

  • 次に、歯ブラシを使ってみます。人間用のやわらかめタイプの歯ブラシか、ペット用歯ブラシ、指歯ブラシ(ゴム製の指カバーの先に小さなブラシが付いたもの)のいずれかを使います。


ステップ4

  • ペットが歯磨きに慣れたら、液体またはペースト状のペット用歯磨き剤を使います。こうした歯磨き剤の多くには、クロルヘキシジンまたはフッ化スズが含まれています。どれがよいかは、獣医師に相談してください。人間用の歯磨き剤は、ペットが腹痛を起こすことがありますので使用しないでください。また、歯磨き後に殺菌スプレーや洗口剤を使用するよう、獣医師に勧められる場合もあります。

毎年、定期歯科検診を忘れずに

愛犬に正しい食事を与え、毎日の歯磨き習慣を怠らなければ、歯と歯ぐきは健康に保たれます。ご家庭で最適なデンタルケアをするには、まず歯が健康な状態からスタートする必要があります。これには獣医師の力が必要です。
獣医師は、口腔内を検査して、隠れた問題がないか、特に歯石が蓄積していないかを調べます。歯磨きで歯垢は落とせますが、歯石は取れません。ペットの歯に歯石が見つかった場合は、獣医師が通常、麻酔をした上で専門的なクリーニングと歯磨きを行います。歯と歯ぐきの境目の歯石を除去した後、フッ素を塗り、最後に家でのケアの方法と今後の治療方法についてアドバイスを受けましょう。

アドバイス:

  • 食肉たんぱく質を含む固いビスケットや牛皮のチューインガムなど犬用の噛むおやつは、 歯垢の除去と歯ぐきに刺激 を与えるのに役立ちます。
  • 木片にご注意-犬に枝を投げて拾わせたり、猫に木片をくわえさせたりすると、トゲが刺さったり、歯ぐきを傷める原因になります。
  • ペットが骨や石のような固い物を噛まないよう、気をつけてください。歯の摩耗や破損、歯ぐきの損傷、感染症の原因になります。

統計データ:

  • 子猫の26本の乳歯(脱落歯)は、2~3週齢で生えます。30本の永久歯は、3カ月齢頃から生え始めます。
  • 家で飼われる一般的な哺乳類のうち、猫は歯の本数が最少です。
  • 子犬の乳歯は2週齢で生え、42本の永久歯は、3カ月齢から生え始めます。