名古屋で犬・老犬のリハビリや動物病院なら

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

犬のリハビリってどんなことするの?②

みなさんこんにちは。
今回は前回の続きで「犬のリハビリテーション方法」についてです。

まずはハイドロセラピー(水中療法)です。
水中トレッドミル(水中歩行機)を使用してお湯の中を歩かせたり、泳がせたりします。
目的やメリットがとても多い方法です。

  • 水の抵抗があるため強化運動に最適
  • 治癒過程にある組織の負荷軽減
  • 筋・腱・靭帯損傷のリスク軽減
  • 陸上では運動ができない場合でも運動可能
  • 楽に動くことが可能で、緩やかな動きが可能

適応症例は多く、代表的なものでいうと

  • 椎間板ヘルニア
  • 膝蓋骨脱臼(パテラ)
  • 変性性脊髄症
  • 脱臼
  • リウマチ
  • 十字靭帯損傷、断裂
  • 股関節形成不全
  • レッグペルテス
  • 骨折
  • 肥満

動画をご覧いただくと、わかりやすいかと思います。
みんなこんなに上手に歩けるの?と心配される場合が多いですが犬は賢いですね。
経験上90%以上の子たちは上手に歩いてくれます。



次にあげるのはバランス運動です。
人間でも使われるバランスボールやバランスボードを使用する方法もあります。
歩くため、立つために必要な筋力を鍛えることができます。
これは結構、恐がる子が多くって、おやつを使ったりして慣れさせます。
さすがにサーカスの玉乗りのようにはいかず、前足だけとか後ろ足だけとかを乗せたりして行うのが基本です。


まだまだ種類はありますが、計画に組み込むことが多いのは上記ですね。

「リハビリが適応だ」となった子には獣医師と私が相談をしながら、計画をたてています。

うちの子はどうなのかな?と思ったら、お気軽にご相談ください。

松波動物病院メディカルセンター
山下健太