名古屋の動物病院 ペットの病気

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

膀胱炎について

おしっこが少ししか出ない、頻尿になった、血尿がでる、などの症状で、動物病院にくるワンちゃんやネコちゃんが結構多くいます。いろいろな病気が考えられますが、そのなかで多いのが膀胱炎です。

膀胱は、尿道を通じて外界と接しています。そのため、尿道から細菌が侵入し、感染・炎症を起こしやすい臓器といえます。尿道の短いメスのほうがオスより膀胱炎になり易いようです。

細菌が侵入したからといって、必ず膀胱炎になるわけではありません。細菌感染に対する防御機能が、ちゃんと備わっています。尿によって洗い流したり、膀胱の内側の粘膜自体も感染に対する抵抗性を持っているのです。急性の膀胱炎のはほとんどは、細菌感染によるもの。膀胱炎の原因となる細菌は、たいてい糞便に由来する細菌で、尿道から上に行き感染するのです。しかし、排尿を我慢したり、神経障害や結石、腫瘍などによって排尿が妨げられたりすると、細菌の増殖を助けることになり、膀胱炎が起こりやすくなってしまうのです。このほかに結石、腫瘍、外傷などによっても膀胱炎になることが知られています。

膀胱炎の主な症状は、痛みを伴う排尿困難や頻尿。1回の排尿量が少なくなり、痛みのため鳴くことも…。残尿感があるので排尿姿勢を頻繁にとりますが、尿量は少しです。また、尿の色も健康なときは透明な黄色ですが、濃くなったり白く濁ったり、出血がある場合には血尿になります。以上のような症状がみられた、動物病院に直ちに連れて行ってあげましょう。

病院では、まず尿検査をします。尿の状態、結石がないか、細菌感染はないかなどを調べます。そのコの状態によっては、X線検査や超音波検査をおこなうこともあります。これにより、膀胱壁の肥厚や結石の有無、腫瘍の有無などが分ります。

検査により単純な細菌感染による膀胱炎であることがわかったなら、その原因菌に有効な抗生物質や抗菌剤を用いて治療します。薬の投薬は、最低でも2~3週間は必要です。飼い主さんの中には、症状が治ったらからといって自己判断で、薬をあげなくなったり、通院するのをやめてしまう方があります。こうした細菌感染は、きちんと治療し終えないと、再発したり、慢性化することがあるので、必ず獣医師の診断を受けてくださいね。膀胱炎は放置したりすると病状が悪化したり、より重大な病気を起こすことがあります。ですから、排尿状態を日頃から観察し、異常があればすぐ病院に行ってください。日頃から十分に新鮮な水を与え、排尿をさせることがとても大切です。また、不潔にすると細菌感染を起こしやすくなるので、常に清潔に保つことを心がけましょう。

一覧に戻る