名古屋の動物病院 ペットの病気

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼松波登記臣先生のブログ▼
松波登記臣先生のブログ
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

犬の誤飲・誤食について

ベッツアニマルクリニック瀬戸 院長   水野 文夫

今回は、ワンちゃんの誤飲・誤食についてお話したいと思います。

誤飲・誤食とは文字通りワンちゃんが誤って飼い主さんの身の回りの物を飲み込んだり食べてしまうことです。誤飲・誤食による症状は、飲み込んだり食べたりするものによって様々です。 

例えばオモチャの様な物や衣類、アクセサリーのような物の場合、胃や腸の閉塞を起こすことがあります。閉塞を起こすと盛んに嘔吐をするようになり、食欲や元気が無くなり、放っておくと死に至ることもあります。閉塞が疑われるとき、または閉塞しそうな物を飲み込んだところを目撃した場合は、すぐに獣医師に相談して下さい。飲み込んだことが曖昧な場合、レントゲン撮影などで確認します。飲み込んだ事が確認でき、比較的小さな物の場合、飲み込んで時間がそれほどたっていなければ、崔吐処置により吐き戻させることが可能な場合があります。吐き戻せない場合、以前は胃や腸を切開して取り出すのが当たり前でしたが、現在は内視鏡を利用した摘出がかなりの場合で可能になっています。大きなボールのような物は今でもお腹を開かないとダメですが、靴下や小さな玩具のような物は、ほとんどのケースで無切開で取り出せます。

笑えない話ですが、焼き鳥が付いたままの竹串、ストキング、ケロヨン人形、使い捨てひげそり、パンダのボールを飲み込んだコもいました。小さいコでは、ぬいぐるみの中綿を飲み込んだときに気管に詰まらせて死んでしまった症例もありました。全てが飼い主の不注意ばかりではありませんが、特に遊んでいる時に無理に取り上げようとすると、あわてて飲み込んでしまう事が多いようです。ワンちゃんが飲み込めそうな物で遊んでいるときにそれを取り上げる時は、いきなり取り上げるのではなく、何かに気をそらせた隙に取り上げるようにしましょう。また、間違って口にしたり飲み込んだりする可能性のあるものは、整理して手の届かない場所に置いておく工夫も必要です。

また、誤飲・誤食は前述のように物理的閉塞を起こす物だけでなく、クスリや農薬、毒性の植物や殺虫剤などのように体に吸収されることで影響を及ぼす場合もあります。こうした物を舐めたり飲んだりしたと思われる場合は、まずは獣医師にできるだけ早く連絡し「何をどのくらい誤食・誤飲して、現在はどんな状態か」を伝えてください。また、診察を受ける際には誤食・誤飲したと思われる現物とその成分表などを持っていくと診察に役立ちます。この場合の治療は様々ですが、嘔吐をさせたり、点滴で血液中の濃度を薄めたり、解毒剤を使ったり、吸着剤で吸収を抑えたり等が行われます。

なお、人間が食べても平気な物でもワンちゃんが食べると中毒を起こす物があります。ネギ類は赤血球を破壊し、チョコレートやコーヒーなどは神経症状や心不全などを引き起こします。これらの感受性は個体によりかなり差がありますので、少しだからと軽い気持ちで与えないようにしてください。

以上、いろいろと思いつくままに書いてきましたが、要は誤飲・誤食はさせないのが基本です。そしてもし、してしまった場合は上述のことを踏まえてできるだけ早く病院へお連れ下さい。

Photo:平野 多聞i・LinkStyle

一覧に戻る