名古屋の動物病院 ペットの病気

松波動物病院グループ ベッツアニマルクリニック瀬戸 当院出身医病院 夜間動物緊急診療所
▼スタッフブログ▼
お散歩日和
ドッグトレーニング
▼通販ショップ▼
松波動物病院通信販売部 楽天市場
▼公式ブログ▼
松波動物病院通信販売部 公式ブログ

▼当院のSNSのご紹介▼

▼当店Googleページ▼

▼応援リンク▼
stop誤飲
ONE LOVE(ワンラブ)

僧帽弁閉鎖不全症

加齢とともに発生が増加する心臓病で、特に
小型犬に多くみられます。
心臓の中にある僧帽弁という2枚のうすい弁は、血液の逆流を防いでいますが、この弁が肥厚して、完全に閉鎖できなくなってしまいます。
その結果、血液が心臓内で逆流をおこし、心臓のポンプ機能が低下して心不全の状態におちいってしまう怖い病気です。
初期では、ほとんど症状は無く、聴診器で心臓に雑音が聴こえる程度ですが、進行すると咳が出たり、場合によっては突然倒れたり、呼吸困難をおこして、死に至ります。
疲れやすい、散歩に行きたがらなくなった、興奮時や、夜間~朝方に咳が出るなども要注意です。病院でチェックをうけるとよいでしょう。
進行性の病気なので、完治はできませんが、食事療法、運動制限、飲み薬によって、心臓の負担を軽減し、病気の進行を緩やかにすることができます。

一覧に戻る